煤掃き

煤掃きすすはき

天孫降臨に際し天照大神(あまてらすおおみかみ)より道案内の命を与えられた猿田彦命(さるたひこのみこと)の舞いです。赤の衣装を身にまとい天狗の面を被った猿田彦命が、扇子と大杖(おおざい)を持って力強く舞殿を掃き清めます。古い神話で猿田彦命は道祖神(道案内の神)とされ、神楽奉納では一番最初の演目として舞われることが多いようですが、小河原火舞保存会では松尾神社秋祭りの最後に奉納する関舞いの前に、舞殿を掃き清める演目として受け継がれています。