神楽の演目紹介

神楽の演目紹介

小河原火舞保存会では十二紙祇神楽を伝承しています。神降ろしなど儀式的な舞いをはじめ、ストーリー性のある大鬼小鬼、全国的にも珍しい関舞い(荒平)などの演目があります。

演目一覧

神降ろし

神降ろし

舞殿に八百万の神々をお迎えるための儀式舞いです。

鯛釣り

鯛釣り

えびす様が釣りげた鯛を火男があの手この手を使って盗み取ろうとします。

岩戸開き

岩戸開き

天の岩屋に立てこもられた天照大神をお迎えする舞いです。

旗舞い

旗舞い

世の中の福を集める演技の良い舞いです。

幣舞い

幣舞い

神様へのお供え物である御幣を使った舞いです。

刀舞い

刀舞い

古代に最も尊重された武器でである刀で四季の移り変わりを表現する舞いです。

薙刀舞い

薙刀舞い

所望分けの一場面。末弟の皇子の五郎が武芸の稽古をしている場面の舞いです。

大鬼小鬼

大鬼小鬼

謀反を働く鬼を杵築大明神と芝郎の二人の神様が退治する舞いです。

煤掃き

煤掃き

天孫降臨に際し天照大神に道案内の命を与えられた猿田彦命の舞いです。

関舞い

関舞い

荒平大神と太夫が、榊と杖の由来や効力、神仏との関わりについて問答する舞いです。

▲ PAGE TOP